ゲームの開始

最も一般的なオープニング(1打目から5打目まで)の方法を説明します。

シングル マッチ:

先攻:プレーヤー A さん  (ボールは青と黒ボールの2個を使って打つ)

後攻:プレーヤー  B さん  (ボールは赤と黄ボールの2個を使って打つ)
第1打:Aさんは青ボールをAボーク ライン上に置き、4コーナーから10~12ヤード北方向地点の所まで東バウンダリー ラインを超えて打ちます。場外へ出たボールを1ヤードライン上にボールを置き直します。

第2打:Bさんの打順で、この時赤ボールを「タイス」と言われるポジションへ送ります。Aボークラインから北方向9~10ヤードの西バウンダリー ライン上にボール オフする様にショットします。1ヤードライン上にボールを置き直します。

「タイス」とは相手からロッケーされそうで、しかし確実にロッケー出来るかどうか難しい距離にあるボールの事。ロッケーするプレヤーによりますが、通常9~10ヤードがタイスに適当な距離だと言われて、これ以上遠ければ最初からロッケーを狙うことはしません。近ければロッケーされる可能性が非常に高くなってしまいます。

第3打:A さんの黒ボールをショットする番ですが、2通りの打ち方が考えられます。

1つは、赤のボールにロッケー出来ると考えた場合、1コーナースポット上にボールを置いて赤ボールを狙います。もし赤ボールに当たらない場合の時を考えて、北のバウンダリーラインを越えてボールオフになる様に強くショットする事です。もし赤ボールにロッケー出来た場合には次のクロッケーショットで赤ボールを中央ペグ付近に送り、その後の追加ショット(継続ショット)で味方の青ボールの近くにボールを送ります。味方のボールの近くに自分のボールを送ることを「ジョイン アップ」と言います。

2つは、赤ボールに最初からロッケー出来ないと考えた場合には、黒ボールは青ボールの1メートル以内にジョインアップする様にAボークラインから東バウンダリーラインに向かってショットします

第4打:Bさんの黄ボールを打つ番です。黒ボールが2コーナー付近にある場合は、黄ボールは赤ボールにジョインアップします。(1メートル近くに)赤ボールが中央ペグ付近に送られている場合は、黄ボールは赤ボールを狙いもし赤ボールにロッケー出来ない場合の時を考えて北バウンダリーラインを越える様に強くショットします。黒ボールが青ボールとジョインアップしている場合は、黄ボールは赤ボールを狙う事が出来ますが以下の方法を取ります。

1。強くショットし、もし赤ボールにロッケー出来ない時を考えて北バウンダリーラインを越える様に打ちます。

2。赤ボールにロッケー出来た場合:

A.テイクオフショットで黄ボールは青か黒ボールに近付けます。
B。黄ボールを青ボールにロッケーします。
C。テイクオフショットで黄ボールを黒ボールの近くに送りますが、この場合黒ボールをラッシュしやすい様に、又第1フープ方向へ送るために最適な位置へ転がします。
D。黒ボールを第1フープ付近へラッシュします。
E。黒ボールのクロッケーショットで黄ボールを第1フープにアプローチさせます。
F。黄ボールをフープ通過させ、再び黒ボールにロッケーしテイクオフショットで赤ボールか青ボールに近付けます。<以上が基本的なオープニング ショットとしてプレーします>

以後は各種ボール ブレークを参考にして、最良のボール展開に努力します

第5打:Aさんの打順ですが、両者共2順目からは自球の青、黒ボールのどちらを使って打ち始めてもかまいません

1。黒が2コーナー付近、青が4コーナー付近にあり赤と黄が西ヤードライン上にジョインアップしている場合、黒で赤か黄を狙います。この場合、赤を狙うラインと黄を狙うラインはほどんど一致しているため、黒は2本のラインの中間をシュウテング ラインとすれば赤か黄のどちらかに当たる可能性は非常に大きいわけです。この様な状態にあることを「ダブル ターゲット」と言います。黒が赤か青にロッケー出来れば、前記2の要領で第1フープの通過が可能になります。以後は各種ブレイク方法を参考にします。

2。赤と黄が西ヤードライン上にジョインアップし、青と黒も東ヤードライン上にジョインアップしている場合、青が黒にロッケーし前記2の要領でフープ通過と以後のボール展開が可能となります。

3。青と黒が東ヤードライン上でジョインアップし、黄が2コーナー付近、赤が最初のタイス位置にある場合、次の様にプレーします。

A 。青で黒を3コーナー付近にラッシュします。
B。テイクオフショットで青を2コーナー近くにある黄に近付けます。
C。黄にロッケーした後、テイクオフショットで西のヤードライン上にある赤に青を近付けます。
D。青で赤を第1フープ付近にラッシュします。
E。青をフープアプローチさせ、第1フープを通過させます。以後各種ブレイク方法を参考にします。

4。青と黒がジョインアップしており、赤が中央ペグ付近に、黄が北ヤードライン上にある場合も前記3の場合と同様にプレーします。

Have you ever noticed that if you have students work on something involving drawing and you ask them to work quietly, https://pro-homework-help.com/ those kids who constantly talk out of turn are now dead silent.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copyright © 2011-2019 傳さん -バンコクで      余生を楽しむ - All rights reserved.
Desk Mess Mirrored version 1.9 theme from BuyNowShop.com.